アフリカのお土産いただきました♪

 

Welcome back to Japan and G’s, Hiromi;)

 

ボランティアで南アフリカに行かれていた社会人クラスのHiromiさんが

先日、無事に帰国されました+.o.+゚♪ヾ(●’∀’●)ノ♪+.o.+゚

 

っというコトで、さっそくスクールにご挨拶に来てくださいましたよっ!!!

お土産とともにっ♡

 

自然保護区を作るために、ボランティアとして参加されていたHiromiさん!

昨年、雄大なアフリカ大陸の自然と動物たちのお写真をメールと一緒にいただき、

コチラのブログでご紹介させていただいてから、早4ヶ月!!(゚ロ゚屮)屮

※詳しくは、アフリカからのメールをご参照ください。

 

当初の予定では2ヶ月滞在の予定でしたが、最終的に約5ヶ月の滞在となりました。

あちらでは、現地の人や世界各国から集まったボランティアさんたちとの生活だったそうです。

 

そんな中での共通語はやはり、英語!!!

 

ビックリしたことに英語を母語とする人たちがほとんどいなかったようで、

第2言語同士でのコミュニケーションは意思疎通が難しかったんだそうですヾ(;→㉨←)ノ

 

自分が思っていることが上手く伝えられなかったり、相手の言っていることが理解できなかったり・・・

悪戦苦闘しながらも、ジャスチャーを交えたり絵を描いたりして

さまざまな方法を駆使しコミュニケーションをとられていたそうです。

 

牧場だった土地を自然保護区にするには、想像しているよりもはるかに年月がかかるそうで

すでに数年にわたって、このプロジェクトが遂行されているそうです。

さまざまな動物の世話をする中で、特に印象に残っているのは

チーターを野生に戻すために、狩りについていった事だそうですw( ̄▽ ̄)wワオッ!!

 

動物が大好きとおっしゃっていたHiromiさん、

いつかまた、あの大自然に戻りたいと話されていました。

 

5ヶ月間の滞在を通して、コミュニケーションツールである英語をさらに身近に感じ、

よりいっそう大切だと実感されたそうです。

帰国後間もないにも関わらず、スクールに足を運んでいただき本当にありがとうございました。

この貴重な経験を大切にしながら、

これからのレッスンの励みにしていただけたらなと思います。:*:・(*´ω`pq゛

 

Thanks you so much for a nice souvenir and
sharing your great experience!