本日も非常に暑ぅいお天気だった in Himejiヾ(;→㉨←)ノ

「アレッ、梅雨明けしたんだっけ…(。。*)?」っていうぐらい

カナリ厳しい日差しが差し込んだ1日でしたねぇ・・・

 

けどケド、明日からまた雨が降るんだとか。。。。。゜*。(*´Д`)。*°

先週の金曜日のよぅな大雨ではないことをただタダ願うばかりデス。

 

はてさて、そんな本日7月10日(火)は7(なっ)10(とう)っというコトで「納豆の日」!!!

この「納豆」を英語でどういうのか?を本日のテーマにしたいと思いマス(*゚▽゚)ノ

 

「納豆」は「天ぷら」や以前、このブログでも紹介した「豆腐」同様、

日本の食べ物なので、海外でも“natto”っと言われています。

※以前のブログ⇒「豆腐」は英語でどういうの?

 

ですがっ!

 

やはり、まだマダ日本の食文化をご存じない方が世界にはいらっしゃいますよね。。。

そんな方々に”natto”ってどんな食べ物?っと説明するとき

皆さんなら、どうやって説明されますか in English?

 

まずは、「納豆」を英語で訳したバージョンを知っていたら便利かなぁっということで

「納豆」=  “fermented soybeans” 

コレを知ってたら、便利ではないでしょうか?!?

 

ちなみに、“fermented”っという単語は「発酵させた」という意味☆

“soybean(s)”「大豆」です。

なので、直訳すると「発酵させた大豆」となりますw

まさに、その通りっヾ(*´∀`*)ノ゛

 

そして、その食べ物がどういった食べ物かという説明ができると、なおさらgood!

詳しく説明してあげるのは、さらにGOODだと思いますが

今回はあえてシンプルにご紹介させていただきますね♪

 

Natto is a traditional Japanese food made from fermented soybeans.
It has unique strong smell and flavor and sticky consistency.
Natto is traditionally eaten with rice. 

納豆は、発酵させた大豆からできた伝統的な日本食です。
独特の強いにおいと風味、そしてねばねばがあります。
納豆は伝統的にはご飯と一緒に食べます。

 

どうでしょうか?

この3文で、「納豆とは」という説明がシンプルに分かりやすくできるのでは?と思いマス。

 

まぁ、外国の方にとっても受け入れがたい日本の食べ物ベスト3に入るであろう「納豆」

日本人でも好き嫌いがカナリ激しい食べ物かと思いマスが・・・

 

当スクール講師のLuis(ルイス)は納豆大好き、外国人www

珍しいでしょ?

健康のために、毎日、豆腐と一緒に納豆を食べているんだとか。

 

これは正直、見習いたいものです(o´Д`)=з

 

っという訳で、今回は日本の伝統的な食べ物「納豆」を英語でどういうの?をご紹介しました。

ちなみに、このブログを見ていただいている日本人の方は、納豆お好きですか?

 

 

 

 

 

「納豆」って英語でどういうの?